ライザップゴルフの全額返金保証には条件が?!

30日間全額返金制度

ライザップのころから「全額返金保証制度」というのはありましたが、条件に一度変更が入っています。

 

ライザップの返金保証はあくまでも「満足できなかったら」返金に応じるというもので、それ以外の理由だとライザップの会社の承認がおりなければ返金されないという条件がありました。

 

ただ全額返金保証を設置していても、それまで返金などの申し出はなかったんです。

 

そのためライザップでは全額返金保証の「条件」そのものを全面的に撤廃しました。

 

そのため…

 

 

いかなる理由であっても30日以内であれば全額返金してくれる!

 

 

ことになります。

 

これは心強いですね。

 

返金保証にある程度条件がついたままだと、

 

・引っ越しをすることになった。

 

・思ってたのと違った。

 

・体調が悪くなった。

 

・お金が必要になった。

 

こういう感じの理由では返金してくれない場合があった、ということです。

 

 

返金保証を利用するつもりで入会することはないでしょうし、返金保証がきく30日以内で断念してしまうことも少ないでしょうが、万が一の保険として「どんな理由であっても30日以内の返金の申し出を受ける」ってものだとありがたいですね。

 

私の場合もこの事実を知っているのと知らないのとでは、無料カウンセリングを受けるまでの時間に差があったかもしれません。

 

返金保証の対象外になるもの

30日間全額返金保証はあくまでも入会金やレッスン費用で支払されたものが対象になります。

 

ライザップゴルフの店舗やネットショップで購入した物品に関しては返金保証の対象となりません。

 

これはもちろん商品などに不備があれば通常の店舗と同じような対応になるでしょうが、問題なく使用できていたゴルフ用品までは保証の対象にはならないんですね。当たり前だと思いますが。

 

これができてしまうと、相当額の買い物にも返金保証が適用されることを前提に買い物をしたり悪用する輩が少なからずでてきてしまいそうですよね。

 

 

ライザップゴルフの返金保証の考え方

ライザップの頃の返金保証の条件というのを全面的に撤廃した時に、ライザップ側が会社としての考えを述べていました。

 

条件を設けていたころは、不正利用を防ぐために設定していたのだが、そもそもの返金希望者がいない点などから、全面的に条件を撤廃した。

 

条件撤廃後にはいかなる理由であっても30日以内であれば全額返金に応じるもので、ライザップとしての企業努力が至らなかったとして、理由を問わず返金することとする。

 

こういう主旨の内容を見ましたが、なんとなく返金保証だけつけておいて、実際には返金の実績がないネット上の良くないショップより、はるかに考え方が立派なんですよね。

 

30日間以内とはいえ、様々な労力を使った結果、返金になってしまった場合って損害でしかないし、一人の専属プロコーチが受け持てる人数も限られているので、他のお客さんにも影響があるかもしれない話なのに、「条件の全面撤廃」を早々に決めてしまう決断力には脱帽ですね。

■サイトトップ
⇒ライザップゴルフ:料金の謎に迫る!はこちら
(こちらから公式サイトもご確認いただけます。)